ワンハンドルマスコン

これまでの電車の運転は右手でブレーキ弁を、左手でマスコン(マスターコントロール=主幹制御器)を操作する方式が一般的でした。しかし最近は、重要なブレーキ操作をより迅速、かつ確実に行うため全電気指令式ブレーキを採用する車両が多くなっています。

これはブレーキハンドルとマスコンハンドルを一体化させ、一本のハンドルで運転操作が行えるようにしたもので、ワンハンドル・マスコンと呼ばれています。ハンドルはT字形、もしくは逆L字形で、手前に引くと加速、前方に押し倒すとブレーキが作用し、そのハンドルの角度で強弱を調整する仕組みになっています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介