鉄道Q&A

台風や地震などが発生した場合、
列車の安全運行はどのようにして保たれているのですか?

雨量、風速、地震など、列車運行に関わるあらゆる情報は、運行管理センター(会社によって運輸指令所等名称はまちまちです)によって集約され、24時間体制で安全運行の確保に努めています。

[解説]

列車が、安全に、そしてダイヤ通りに運行できるように集中的に管理しているのが、通常TTC(列車運行管理システム)と言われるシステムで、司令員(指令員)の監視のもと、安全運行を24時間体制で見守っています。

この列車運行管理システムとは、駅の信号機、ポイント、案内装置などをコンピュータで自動制御するシステムのことです。

また、気象庁をはじめ、沿線各地に設置している雨量計、風速計、地震計からも継続的に情報を収集していて、台風や地震などで警報が発令された際には、瞬時に各列車や各駅、関係箇所に情報が伝えられ、すばやく対応できることができます。

なお、地震時の対応として、震度によって一時停止(橋梁やトンネルなど危険な場所を除く)後に注意運転を実施したり、一時停止後、徒歩点検による線路等の安全確認を行うようにしています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介