鉄道で減らそうCO2

環境問題のますますの深刻化や京都議定書が発効したことをきっかけに、全世界的に環境への問題意識が高まる中、鉄道は「人と地球環境にやさしい乗り物」として、社会的な注目を集めるようになっています。
鉄道は環境的に優れたさまざまな特性を有しており、例えばマイカーと比べると、ひと一人を運ぶのに発生するCO2 量は約8分の1ですみます。運輸部門から排出されるCO2の約半分がマイカーであり、その量がこれまで増加してきたことなどを踏まえると、環境負荷の小さい鉄道を利用することは私たちが身近にできる地球温暖化防止のための取り組みの一つと言えます。

鉄道で減らそうCO2